株式会社シルベニア [silveneer co.,ltd.]

独自のめっき技術、圧延技術を活かしてお客様に喜ばれる高寿命な自動車用スイッチなど耐摩耗性電子部品材料をお届けします。

ご挨拶

ごあいさつ

株式会社シルベニアは創業以来半世紀余にわたり、電子部品業界のお客様のご要望、信頼に沿うべく、一貫して「真のモノづくりの企業」になることを目指して日夜精進してまいりました。
昭和20年代のりん青銅板や洋白板の加工からはじまり、高度成長期においては画期的なクラッド材の開発製造をし、そして現在は表面処理業界でもユニ-クな金、銀、ニッケルめっき条の加工製造会社になるなど電子部品業界の発展に応じて変貌した弊社は、常にお客様の二―ズと電子部品業界の動向をいち早く、かつ、敏感に、確実に捉えて企業活動をしてまいりました。

最近では、弊社は高寿命と信頼性が求められる「自動車用スイッチ」や耐摩耗性が求められる「携帯電話用スイッチ」の材料メーカーとして多くの顧客に納入しております。

「モノをつくる企業」でありながら、常に「考える企業」でもありたいと思っております。
Q(品質)C(コスト)D(納期)の観点でお客様のご要望に応えることはもちろんのことですが、
現在他のメーカ―ではできないロット、仕様等でも対応可能な万全の生産体制を構築しております。

弊社は単なる「めっきメーカー」としてではなく、圧延技術、焼鈍技術、めっき技術、スリット加工技術を駆使した複合加工技術メーカーを目指して前進致します。

そのためにはお客様や社会、環境に敏感かつ柔軟に対処することのできる自立的、能動的な人材育成が必要なことは言うまでもありません。
社員一同お客様、ユ-ザ-様の信頼を得るべく鋭意努力いたす所存でございますので、どうぞこれからも弊社に対して益々のご指導、ご鞭撻のほど宜しく御願い申し上げます。

代表取締役社長  永安 裕之




home